チャック・イエーガー退役准将、65周年目の音速突破【動画】 | FlyTeam ニュース

チャック・イエーガー退役准将、65周年目の音速突破【動画】

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

史上初の音速突破が記録されてから65周年目の2012年10月14日、チャック・イエーガー退役准将がF-15Dに乗って超音速飛行を再現しました。

チャック・イエーガー退役准将は、1941年9月12日に兵士としてアメリカ陸軍に入隊し、後にパイロットの訓練を受け、第二次大戦中には1回のミッションで5機を撃墜するなどしてエースとなりました。戦後テストパイロットとなり1947年10月14日、現在のエドワーズ空軍基地でロケット実験機ベルX-1"グラマラス・グレニス"を操縦して、史上初の超音速飛行を成功させました。

再現飛行では第65仮想敵飛行隊(65AGS)のデビッド・ビンセンス大尉と、F-15Dに搭乗してネバダ州のネリス空軍基地を離陸し、午前10時24分にカリフォルニア州エドワーズ空軍基地上空45,000フィートで音速を突破しました。

イエーガー氏の現在の階級については退役少将(Major General)とする資料もありますが、ここでは空軍のリリースどおり退役准将(Brigadier General)とします。いずれにしても御歳89歳で超音速飛行、さすがです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加