ANA、新ユニフォームは初の外国人デザイナー プラバル・グルンさん

ANA、新ユニフォームは初の外国人デザイナー プラバル・グルンさん

全日空(ANA)などANAグループは2012年の創立60周年を契機に、新たにユニフォームを採用します。その新ユニフォームのデザイナーは、ミシェル・オバマ・アメリカ大統領夫人、イギリスのキャサリン妃、レディー・ガガさんなどセレブリティも愛用する新進気鋭のデザイナー、プラバル・グルンさんに決定したと発表しました。ANAでは初めて、外国人デザイナーの採用となります。

デザイナー選定では、グループユニフォーム導入会議を通じて、社員や利用客を対象にユニフォームのイメージ調査を基にコンセプトを設定。ANAグループ経営ビジョンで掲げる「世界のリーディングエアライングループ」に合う人選を行ったとしています。

なお、新ユニフォームは、ANAグループのキャビンアテンダント、地上旅客係員をあわせ、2014年下期から約1万人が着用する予定。デザインは2013年内に改めて発表を予定しています。

メニューを開く