ウラル航空、初めてのA319を導入

ウラル航空、初めてのA319を導入

ロシアのウラル航空は2013年6月14日、同社では初めてのA319を購入したと発表しました。ガルフ・エアで使用していた機材を導入したもの。これにより、ウラル航空はA320を18機、A321を10機、A319を1機と全てのA320ファミリーを保有することになります。

A319はビジネス8席、エコノミー126席の134席仕様となります。ロシア国内線、国際線に投入するとしています。

メニューを開く