丘珠空港、空港ビル開業から搭乗者数700万人を記録 | FlyTeam ニュース

丘珠空港、空港ビル開業から搭乗者数700万人を記録

札幌丘珠空港は2013年9月18日、1992年2月の空港ビル開業から搭乗者数700万人を達成しました。丘珠発利尻着の北海道エアシステム、HAC673便で記録したもので、この便の搭乗者全員にお菓子の詰め合わせなどが記念にプレゼントされました。

現在の空港ビルの供用開始後、北海道エアシステムは1998年から就航。このほか、エアーニッポンネットワークも丘珠発着便を就航していました。現在、丘珠発着の定期便は北海道エアシステムのみで、函館、釧路、利尻、三沢線の4路線が運航されています。

メニューを開く