MRJ、飛行試験機初号機の最終組立がはじまる | FlyTeam ニュース

MRJ、飛行試験機初号機の最終組立がはじまる

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

三菱航空機と三菱重工業は2013年10月15日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機、初号機の最終組立を開始したと発表しました。この最終組立は県営名古屋空港に隣接する三菱重工業の名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場で開始しました。

MRJ 初号機の最終組立

これまで愛知県海部郡の飛島工場で組み立てた機体構造部位のうち、中部胴体を10月13日、小牧南工場に移送。これを受け、最終組立に着手、順次、搬入される飛行試験機の胴体、主翼などの機体構造部位を結合。電気配線、油圧配管などの取り付け、必要な装備品の装着を進めていきます。

中部胴体 10月13日 飛島工場 から 小牧南工場へ移送

これから順次、名古屋市港区の大江工場で組立を行っている垂直尾翼、水平尾翼、プラット・アンド・ホイットニーから供給されるエンジンなどを搭載していきます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加