エア・セルビア、正式に運航を開始 JAT航空からリニューアル | FlyTeam ニュース

エア・セルビア、正式に運航を開始 JAT航空からリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エア・セルビアが2013年10月25日、JAT航空から「エア・セルビア」へのリニューアル式典が開催され、10月26日から運航を開始しました。すでに「エア・セルビア」塗装のA319が公開されていましたが、10月25日にはセルビアの副首相、政府高官、その他VIPなどを招き、盛大な式典を開催しました。

エア・セルビアは10月26日にA319でベオグラード発アブダビ着で運航を開始。さらに ベオグラード発着で、2013年末までにバニャルーカ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)線、ブカレスト(ルーマニア)線、リュブリャーナ(スロベニア)線、プラハ(チェコ)線を就航する予定です。

さらに2014年1月から4月まで、7路線を新規開設し、現在の運航便のスケジュールも変更する予定です。これにより2014年6月までに43都市に就航、週間670便を運航する計画です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加