ノースロップ・グラマン、アメリカ空軍とのBACNの運用支援契約を延長 | FlyTeam ニュース

ノースロップ・グラマン、アメリカ空軍とのBACNの運用支援契約を延長

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ノースロップ・グラマンは2014年8月6日、アメリカ空軍に対するバトルフィールド・エアボーン・コミュニケイション・ノード(BACN)の運用支援を延長する契約を結んだことを発表しました。契約額は8,970万米ドルです。

BACNは高高度から、地上の兵士間の通信を中継するシステムで、音声や映像、写真といった戦場の情報を扱うことができ、周囲の状況認識を改善し、また兵士と指揮官との意思疎通を調整することに役立ちます。

かつて不朽の自由作戦においては、E-11AやEQ-4Bグローバル・ホークに搭載されて運用が行われました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加