ユナイテッド航空、機内食を向上 プレミアムクラスの新メニューを発表 | FlyTeam ニュース

ユナイテッド航空、機内食を向上 プレミアムクラスの新メニューを発表

ユナイテッド航空は2014年8月21日、アメリカ国内線のファーストクラス、ビジネスクラスで提供される改良した新メニューを発表しました。

まず、8月からファースト、ビジネスでは、選択制の4種類のサラダを導入しました。提供されるのは、サウスウェスタン・サラダ、アジア風ヌードルサラダ、ローストビーフとブルーチーズのサラダ、ストロベリー・フィールド・サラダです。

また、9月から、新しいサンドイッチやトルティーヤの提供が始まります。トマトフォカッチャのイタリア生ハムサンド、タイ風チキントルティーヤ、コブサラダのトルティーヤ、アジアーゴ・バゲットのカプレーゼサンドなどの冷えたメニューが提供されます。

また、温かいメニューも用意され、クランベリーバゲットのターキースイスサンド、プレッツエルのハムスイスサンド、チキンとモッツアレラのトマトフォカッチャサンド、アジアーゴチーズ・バゲットのローストビーフとチェダーサンドが、グルテンフリーのスープなどと一緒に提供されます。秋からはプロセッコのスパークリングワインがプレミアムクラスのサービスに追加されます。

2015年半ばまでには、中距離以上のフライトのプレミアムキャビンで新しいメニューを提供するほか、ユナイテッド・エクスプレスの国内線、国際線のプレミアムクラスでも、アップグレードした機内食を提供します。なお長距離の国際線のエコノミーでも、質を向上した食事を提供する予定です。

詳しくは、ユナイテッド航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2014/08/01から
メニューを開く