伊丹空港、2015年春からターミナル改修 2020年春にグランドオープンへ | FlyTeam ニュース

伊丹空港、2015年春からターミナル改修 2020年春にグランドオープンへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

新関西国際空港は2014年9月2日、大阪国際(伊丹)空港ターミナルの改修プロジェクト「Speedy & Smart都市型先進空港ITM」を発表しました。大阪万博開幕を控えた1969年にオープンして以来、初めての大規模改修で、2015年春に着工、2016年秋に中央エリアを先行オープン、2020年春には東京オリンピック、パラリンピック開催にあわせグランドオープンするスケジュールで改修を行います。

改修プロジェクトは、ターミナルビルの「安全・安心の強化」、「環境・地域との共生」をはじめ、出発、到着時の利用客の動線を抜本的に見直し、最新のIT技術を積極的に取り入れ、スピーディでスムーズな移動を実現するための改修となります。

出発動線はモノレール駅からのアクセスには、新しいペデストリアンデッキから2階保安検査場まで階層移動なく直行できるようにするほか、バスの降車場は出発ターミナルビルの前に配置し、チェックインカウンター、保安検査場までの移動を短くします。さらに、駐車場からのアクセスでは、横断歩道にルーフを設置し、雨の日も濡れずに移動出来るようにします。

セキュリティチェック、出発手続にはインラインスクリーニングシステムを導入するほか、セルフバゲージドロップを導入します。保安検査場も拡張することで、待ち時間を短くし、スムーズな通過ができるようにします。また、搭乗口までのビル内の移動にムービングサイドウォークを現在の2基から23基へ大幅に増設します。

搭乗橋では、空港南側に三菱航空機が開発中のMRJなどに対応する小型機対応フィンガーを新設します。また、到着動線では、到着口を中央2階に集約し、新しいペデストリアンデッキから、各交通機関にダイレクトに接続できるようにします。

このほか、3階まで吹き抜けの新しい到着ロビーを中央2階に開設するほか、ロビースペース、カードラウンジ、ビジネスサポートセンターなどを新設します。また、ゲートラウンジは全面リニューアルし、段差の解消、点字・多言語の案内標識の整備を実施し、ユニバーサルデザイン対応を行います。

ビル内では、大阪・関西の活気ある飲食、物販の2つのテーマゾーンを設け、ダイニングスペースの展開、お土産店、カフェ、コンビニ、個性ある物販飲食店舗の展開などにつなげるとしています。なお、屋上展望デッキを拡張し、より飛行機が見やすい空港ならではの体験の場を生み出し、イベントエリアを拡充する計画です。

なお、2016年の先行オープンは、到着口の中央集約、ペデストリアンデッキの新設、中央の店舗エリアのリニューアルなどを実施する予定となっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加