2015エアショーシーズン、アメリカ空軍のヘリテージフライト

2015エアショーシーズン、アメリカ空軍のヘリテージフライト

ニュース画像 1枚目:2015 エアショーシーズンに向けたヘリテージ・フライトの訓練。F-22AとF-16C、両翼にはP-51の編隊。
2015 エアショーシーズンに向けたヘリテージ・フライトの訓練。F-22AとF-16C、両翼にはP-51の編隊。

2015年2月27日から3月1日まで、アメリカ・アリゾナ州のデビスモンサン空軍基地(AFB)で、航空戦闘軍団(ACC)ヘリテージフライト・トレーニング&認定コース(HFTCC)が開催されました。

HFTCCは、エアショーで歴史的航空機と現役機が編隊飛行するための訓練と認定を行うため1997年から開催され、デビスモンサンAFBでは2001年以来毎年開催されています。ショーシーズンを前に民間パイロットと軍の現役パイロットが参加します。

2015ショーシーズンでは、HFTCCを受けたP-51ムスタングとP-40ウォーホーク、P-38ライトニング、P-47サンダーボルト、F-86セイバー、F-22ラプター、F-16ファイティングファルコンの編隊飛行が見られることでしょう。

メニューを開く