ガルーダ・インドネシア、ジャカルタ/アムステルダム線を週6便に増便 | FlyTeam ニュース

ガルーダ・インドネシア、ジャカルタ/アムステルダム線を週6便に増便

ガルーダ・インドネシア航空は2015年7月22日から、ジャカルタ/アムステルダム線を増便します。現在はジャカルタ発が火、木、金、土、日の週5便ですが、新たに水曜日を加え週6便とします。

この増便にあわせ、運航経路を変更します。現在は、ジャカルタ/アムステルダム/ロンドン・ガトウィック線として運航していますが、この経路は週3便とし、残る週3便はジャカルタ/シンガポール/アムステルダム/ジャカルタ線とします。

ガルーダ・インドネシア航空は、シンガポール経由便の運航により、座席利用率と貨物輸送量の増加を期待していると説明しています。その一方で、ジャカルタ国際空港の滑走路の舗装状況の影響からら、長距離路線に投入する777-300ERの最大離陸重量に影響があったためとも伝えられています。これをシンガポール経由とし、抑制される収益分を一部をシンガポール経由とし、補完するとみられます。

ガルーダ・インドネシア航空の777-300ERはファースト8席、ビジネス38席、エコノミー268席の3クラス仕様です。なお、詳しいスケジュールはガルーダ・インドネシア航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

メニューを開く