デルタ航空、ニューヨーク/イスタンブール線を運休 需要減や安全性懸念で | FlyTeam ニュース

デルタ航空、ニューヨーク/イスタンブール線を運休 需要減や安全性懸念で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

デルタ航空はニューヨーク・JFK/イスタンブール線を2016年5月から、運休すると発表しました。同社は、トルコでの安全面の懸念が高まっていること、アメリカ政府が渡航注意情報を発出していること、航空旅行の需要が減少していることを受け、運休を決定したと説明しています。

デルタ航空は例年、この路線を夏スケジュールの季節便として運航しています。2016年は、OAGスケジュールによると、5月18日(水)から9月5日(月)まで、運航を計画していました。なお、同じ路線にはターキッシュ・エアラインズが1日3往復便を運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加