エアブリッジ・カーゴ、F1ロシア・グランプリで輸送を担当 | FlyTeam ニュース

エアブリッジ・カーゴ、F1ロシア・グランプリで輸送を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エアブリッジ・カーゴ 747

エアブリッジ・カーゴ 747

エアブリッジ・カーゴは2016年5月11日(水)、2016年のF1、第4戦ロシア・グランプリで輸送を担い、滞りなく開催されたと発表しました。4月17日(日)に中国GP開催後、上海からソチへ747を使い、6本のチャーター便を運航しました。

各チームのレーシングカー、車体フレーム、車両部品など1機に100トン以上を搭載し、専用の特別コンテナで輸送しました。エアブリッジ・カーゴは、F1のレースはタイトなスケジュールが組まれ、次のレース会場まで時間の管理は最も重要な要件の1つとなっています。

エアブリッジ・カーゴは2012年以来、F1の輸送を担っており、これ以外にもラリー、クラシック、ソーラーカーなど車両輸送の支援を担っています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加