ノルウェー・エアシャトル、737-8-MAXで大西洋横断10路線を開設へ | FlyTeam ニュース

ノルウェー・エアシャトル、737-8-MAXで大西洋横断10路線を開設へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ノルウェー・エアシャトル、737-8-MAX イメージ

ノルウェー・エアシャトル、737-8-MAX イメージ

ノルウェー・エアシャトルは、アイルランドを拠点とするノルウェー・エア・インターナショナルの運航で、2017年6月から、737-8-MAXを使用した大西洋路線の開設を発表しています。アメリカ連邦航空局(FAA)から型式証明を取得した機種で、同社はヨーロッパの航空会社でのローンチ・カスタマーとなります。

新たに開設する路線は、10路線で、合計で週38便を運航します。ヨーロッパ側の発着地点は、エディンバラ、ベルファスト、コーク、シャノン、ダブリンの5地点、アメリカ側はニューヨークに90分の場所にあるニューバーグ、ボストンに90分の場所にあるプロビデンス、ニューヨークとボストンにそれぞれ2時間ほどの場所のハートフォードと3地点を結びます。

ノルウェー・エアシャトルは、アメリカの乗入れ空港について、大都市へのアクセスが確保されていながら、着陸料が非常に安いことから真に値ごろ感のある価格を提供できるとしています。また、開設する路線のうち、コーク/プロビデンス線はコーク発着の唯一の国際線となります。

ノルウェー・エアシャトルが導入する737-8-MAXは、モノクラスの189席仕様で、機内では、温かいもの、冷たいものと機内食も用意しており、好みに応じて購入することができます。

なお、開設する路線は以下の通りです。



■ノルウェー・エアシャトル 737 MAXで運航する新路線
<エディンバラ発着>
・ニューバーグ・スチュワート線:デイリー運航、6/15〜
・プロビデンス・T・F・グリーン線:週4便 (月、水、金、日)、6/16〜
・ハートフォード・ブラッドレー線:週3便 (火、木、土)、6/17〜

<ベルファスト発着>
・ニューバーグ・スチュワート線:週3便 (火、木、土)、7/1〜
・プロビデンス・T・F・グリーン線:週2便 (火、土)、7/2〜

<コーク発着>
・プロビデンス・T・F・グリーン線:週3便 (火、木、土)、7/1〜

<シャノン発着>
・ニューバーグ・スチュワート線:週2便 (水、日)、7/1〜
・プロビデンス・T・F・グリーン線:週2便 (月、金)、7/2〜

<ダブリン発着>
・ニューバーグ・スチュワート線:デイリー運航、7/1〜
・プロビデンス・T・F・グリーン線:週5便 (月、水、木、金、日)、7/2〜

期日: 2017/06/15から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加