ボンバルディア、CS100試験飛行機2号機がロンドン・シティ空港に初着陸 | FlyTeam ニュース

ボンバルディア、CS100試験飛行機2号機がロンドン・シティ空港に初着陸

ボンバルディアは2017年3月21日(火)、CシリーズCS100、試験飛行機2号機(FTV-2)の機体記号(レジ)「C-GWYD」をロンドン・シティ空港に初めて着陸しました。同空港での離発着の認可を得るための運航で、モントリオールからロンドン・スタンステッド空港に移動、その後にスタンステッドからシティ空港へ運航しました。同日はロンドン・シティ空港を離陸、また着陸する運航も行いました。

CS100は、ローンチ・カスタマーのスイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)がロンドン・シティ空港への就航に意欲を示しており、今回の運航は同空港で急角度進入の認可を得るための離着陸となります。ボンバルディアは、使用した「C-GWYD」の機体後部に「the future of LCY」と記し、ロンドン・シティ空港への運航認可に向けた意欲を示しています。

なお、SWISSは、CS100を導入し、チューリッヒ/ロンドン・シティ線を開設する計画を明らかにしています。ロンドン・シティ空港にはA318、エンブラエルのERJ-170やERJ-190などが運航されています。

■Quiet First C Series Landing at London City Airport
この記事に関連するニュース
メニューを開く