室屋選手のTeam FALKEN、第2戦から新機体デザインで参戦

室屋選手のTeam FALKEN、第2戦から新機体デザインで参戦

ニュース画像 1枚目:Team FALKEN 新塗装
Team FALKEN 新塗装

レッドブル・エアレースに参戦する室屋義秀選手の機体、Edge 540 V3「N31YM」がサンディエゴで開催される第2戦から、FALKENカラーの新デザインとなります。住友ゴム工業がFALKENブランドで室屋選手の「Team FALKEN」に協賛しており、室屋選手と共にレースでアピールします。

新たな「Team FALKEN」の機体デザインは、FALKENがモータースポーツ活動で使用する「大空を飛ぶ鷹の翼」をイメージしたデザインが採用され、緑色は若々しいマインド、青色は技術の高さ、真摯な姿勢を表現しています。FALKENは、世界一過酷と言われる「ニュルブルクリンク24時間レース」をはじめ、モータースポーツ活動に参加、2015年からレッドブル・エアレース参戦する室屋選手をサポートしています。

「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2017 サンディエゴ」は2017年4月15日(土)と4月16日(日)の2日間、カルフォルニア州・サンディエゴのサンディエゴ湾の海上をトラックとして開催されます。サンディエゴでのエアレース開催は2009年以来8年ぶり2度目となります。

メニューを開く