CVN-70に着艦を試みたスーパーホーネットからパイロットが脱出 | FlyTeam ニュース

CVN-70に着艦を試みたスーパーホーネットからパイロットが脱出

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:着艦態勢のF/A-18Eスーパーホーネット

着艦態勢のF/A-18Eスーパーホーネット

  • ニュース画像 2枚目:ブラックナイツのMH-60Sシーホーク

アメリカ海軍は2017年4月21日(金)、空母「カール・ヴィンソン(CVN-70)」に着艦を試みたF/A-18スーパーホーネットからパイロットが緊急脱出したと発表しました。脱出したパイロットは第4海上戦闘ヘリコプター飛行隊(HSC-4)ブラック・ナイツのMH-60Sヘリコプターで救出されました。この事故は、フィリピンのミンダナオ島とインドネシアのカリマンタン島に挟まれたセレベス海で発生したものでした。

CVN-70は、北朝鮮情勢が緊迫化したことを受け、朝鮮半島に向かうと明らかにされましたが実際には予定通りオーストラリアへ向かい、その後に朝鮮半島に向けてパトロールを続けています。

アメリカ海軍は今回の事故に伴うパイロットの負傷はないとしており、事故原因の調査に着手しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加