マリンド・エア、クアラルンプール/シンガポール線で737 MAX初の定期便 | FlyTeam ニュース

マリンド・エア、クアラルンプール/シンガポール線で737 MAX初の定期便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:マリンド・エア 737 MAX

マリンド・エア 737 MAX

マレーシアを拠点とするマリンド・エアは2017年5月22日(月)、737 MAXで初めて営業飛行を行いました。初の定期便運航は、クアラルンプール発シンガポール着のOD803便で、折り返しのシンガポール発クアラルンプール着OD804便も運航されました。それぞれおよそ40分超の飛行時間でした。

マリンド・エアには5月16日(火)、初めての737 MAXとして引き渡しされ、アラスカ、成田を経由してクアラルンプールにフェリーされていました。

ボーイングが開発した最新の単通路機、737 MAXは今後、ノルウェーエアシャトル、サウスウェスト航空に納入される予定となっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加