スクート、タイガーエアと7月25日付けで合併 スクート・ブランドに統合 | FlyTeam ニュース

スクート、タイガーエアと7月25日付けで合併 スクート・ブランドに統合

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:スクート、イメージ

スクート、イメージ

シンガポール航空が出資する格安航空会社(LCC)のスクート、タイガーエアの2社は、2017年7月25日(火)付けで合併し、スクート・ブランドに統合すると発表しました。現在のスクート、タイガーエアがそれぞれ運航するネットワークは、7月25日以降全てスクートとして運航し、ウェブサイト、空港チェックイン・カウンターともスクートに統一します。

合併に伴い、スクートは787-8と787-9による787ドリームライナーに加え、タイガーエアのA320シリーズと2機種体制となります。スクートはAirlineRatings.comによる2015年、2016年、2017年のアジア太平洋地域部門でのベストLCCを受賞しており、その評価をうけたサービスに加え、合併によるネットワーク拡大で、成長を継続します。

合併は最終の調整段階で、最終認可を得た上で、全ての便をスクートによる運航とします。一方、スクートの2レターコードは現在の「TZ」からタイガーエアの「TR」に変更されます。3レターは「TGW」、コールサインは「SCOOTER」を使用します。フライトスケジュールは現状で変更はありません。また、ウェブサイトは「www.flyscoot.com」、コールセンターは日本ではスクートの「03-4589-9464」に統一されます。この合併に伴い、キャビンクルーのユニフォームも一新します。

スクートとタイガーエアは、バジェット・アビエーション・ホールディングスの傘下で2ブランドで運航していました。なお、スクートの坪川成樹日本・韓国支社長は「これまでのタイガーエアのネットワークが、7月25日以降はスクートとなり、より快適な乗継ぎができ、日本のお客様へ利便性の高いサービス提供ができます。また訪日ビザの緩和を受け、東南アジア地域から日本への旅行者が増加しており、合併は東南アジアと日本の国際交流の更なる促進と、物流の拡大に向け取組む」とコメントしています。

なお、スクートは現在、787-8を8機、787-9を6機の計14機、タイガーエアはA319を2機、A320を21機の計23機保有しており、新会社「スクート」は37機となります。

※3レター、コールサインを配信後に追記しています。

期日: 2017/07/25から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加