海上保安庁、シコルスキーS-76Dを4機を発注 | FlyTeam ニュース

海上保安庁、シコルスキーS-76Dを4機を発注

シコルスキーと三菱商事は2012年2月14日、シンガポール・エアショーで日本の海上保安庁から4機のS-76Dを受注したことを発表しました。これらは先の大津波で破壊された機体の代替機とみられています。

海上保安庁ではこれまでも数機のS-76を使用してきましたが、今回発注したのはシリーズ最新型のS-76Dです。S-76DはエンジンをパワフルなP&Wカナダ製のPW210Sに換装し、全複合材製のローターブレードや、フランスのタレス社による統合されたグラスコクピットとオートパイロット、アクティブ制振装置、自己診断装置などを標準で装備しています。また、オプションでローターブレードの防氷装置も用意され、これにより全天候飛行能力も獲得します。

S-76DとPW210Sに対するFAAとカナダ運輸省による形式証明取得作業は順調に進んでおり、欧州航空安全庁を含めて今後数ヶ月以内に交付される見込みです。またローターブレードの防氷装置に対する追加認証も2012年内に取得する予定です。

メニューを開く