エアバスDS、A400Mの50機目をドイツ空軍に引き渡し | FlyTeam ニュース

エアバスDS、A400Mの50機目をドイツ空軍に引き渡し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エアバスDS、A400Mの50機目

エアバスDS、A400Mの50機目

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースは2017年9月27日(水)、A400Mの50機目をドイツ空軍に引き渡しました。製造番号は「059」で、ビューロナンバーは「54+13」です。エアバスDSは、A400Mプログラムのマイルストーンを達成したと発表しました。

「059」はスペインのセビリア工場で2017年に引き渡しされた12機目の機体で、ドイツ空軍のA400Mはこれが13機目です。この「54+13」はドイツ空軍のヴンスドルフ航空基地に配備され、近く任務に着く予定です。

エアバスでは、先ごろのハリケーン被害でドイツ、フランス、イギリスの各国が救援物資輸送にA400Mを使用していることを受け、主要な輸送手段になっているとコメントしています。なお、A400Mはイギリス、ドイツ、フランス、スペイン、マレーシア、トルコの各国空軍に導入されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加