第一航空、ブリテンノーマンBN-2アイランダー全機を抹消登録 | FlyTeam ニュース

第一航空、ブリテンノーマンBN-2アイランダー全機を抹消登録

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

第一航空は2017年10月、国土交通省航空局に対し、同社で使用していたブリテンノーマンBN-2B-20アイランダー3機の抹消登録を申請し、10月13日(金)付けで抹消されました。抹消理由は、オーストラリアのコルビル・アビエーション・サービスへの売却のためとされています。

抹消されたのは、機体番号(レジ)「JA127D」と「JA5324」、「JA5325」の3機です。第一航空のアイランダーは、2015年7月まで沖縄の離島路線に就役していましたが、8月1日から新規導入されたツインオッターの就役に伴い退役、8月28日には、粟国空港でツインオッターのオーバーラン事故が発生し、以降、第一航空の沖縄路線は全便で運航を停止しています。

なお、第一航空は、7月20日(木)付けで事故機であるヴァイキングDHC-6-400の「JA201D」を修復した上で復籍し、路線再開に向けた訓練などを実施しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加