春秋航空日本、1月8日から10日まで成田/佐賀、広島線で遅延 機材繰りで | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、1月8日から10日まで成田/佐賀、広島線で遅延 機材繰りで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

春秋航空日本(Spring Japan)は2018年1月8日(月・祝)から1月10日(水)まで、成田/佐賀線で1時間55分、成田/広島線で最大1時間45分遅延して運航すると発表しました。理由は機材繰りのためとしています。

遅延便のスケジュールは、成田/佐賀線のIJ701便が成田発13時25分、佐賀着15時55分、IJ702便が佐賀発16時35分、成田着18時10分、成田/広島線のIJ623便が成田発19時、広島着20時40分、IJ624便が広島発21時20分、成田着22時40分です。

搭乗手続き時刻は、IJ701便が11時55分から12時50分まで、IJ702便が13時10分から15時まで、IJ623便が17時30分から18時25分まで、IJ624便は1月8日(月・祝)が18時35分から20時30分まで、1月9日(火)と1月10日(水)が18時5分から20時30分までとなっています。

なお、佐賀発IJ702便については、15時以降は春秋航空日本と外国他社とチェックイン時間が輻輳し、空港施設の関係で旅客のチェックインと保安検査に2時間から3時間の長時間を要すると見込んでいるとしており、チェックインの締め切り時刻を15時にすると告知しており、協力を呼びかけています。

詳しくは、春秋航空日本のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/01/08 〜 2018/01/10
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加