エミレーツ航空、7月にドバイ/サンティアゴ線を開設 初のチリ路線 | FlyTeam ニュース

エミレーツ航空、7月にドバイ/サンティアゴ線を開設 初のチリ路線

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:エミレーツ航空777-200LR

エミレーツ航空777-200LR

エミレーツ航空は2018年7月5日(木)から、サンパウロ経由のドバイ/サンティアゴ(チリ)線に就航します。運航は、ドバイ発が火、木、金、土、日、サンティアゴ発が月、水、金、土、日の週5便で、機材はビジネス38席、エコノミー264席の777-200LRを使用します。

サンティアゴは、エミレーツ航空の南アメリカの4都市目の就航地で、同社初のチリ路線となります。スケジュールは、ドバイ発EK263便が9時5分、サンパウロ着17時、サンパウロ発18時30分、サンティアゴ着21時40分です。復路のEK264便はサンティアゴ発1時10分、サンパウロ着5時55分、サンパウロ発7時45分、ドバイ着が翌日5時15分です。

この路線の就航により、現在A380でデイリー運航をしているドバイ/サンパウロ線は、計週12便へ増便され、南アメリカへのより多くの旅の選択肢を提供します。詳しいスケジュールは、エミレーツ航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2018/07/05から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加