ピーチ、2025年万博の大阪誘致で「万博特別号」運航へ | FlyTeam ニュース

ピーチ、2025年万博の大阪誘致で「万博特別号」運航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:万博特別号 イメージ

万博特別号 イメージ

関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチは、2018年2月26日(月)、2025年万博の大阪誘致に向け、その機運を盛り上げる万博誘致ロゴマークを施した特別塗装機の運航を開始すると発表しました。5月上旬に運航を開始します。

2017年12月末時点で、関空の国際線を利用した年間旅客数は年間2100万人超となり、ピーチも日本だけでなく、アジアを中心とした訪日外国人旅行客の利用が増加しています。同社は政府目標の訪日外国人客が2020年の4,000万人、さらに2030年の6,000万人達成への貢献も宣言しています。

この過程で2025年の大阪万博開催の実現は、2030年の目標に向けた大きな追い風となるとの考えから、本邦航空会社で唯一、関空を本拠地とするピーチは、万博誘致活動のオフィシャルパートナーとして活動します。

同社は保有する20機すべての機体左側のドア部分にロゴを掲載し、利用者に誘致活動を訴求します。さらにこのうち1機を大阪万博誘致のロゴをラッピングした「万博特別号」として5月から運航します。この機体は国内だけでなく、国際線でも運航し、国内では北海道から沖縄まで、海外は韓国からバンコクまで運航し、大阪誘致を広くPRします。

さらに関西国際空港のチェックイン機が3月下旬から大阪万博誘致のロゴを施したバージョンに変更し、認知度の向上につなげます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加