ANA、秋に国内線運賃体系をリニューアル 355日前から購入可能に | FlyTeam ニュース

ANA、秋に国内線運賃体系をリニューアル 355日前から購入可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:ANA FLEX / ANA VALUE / ANA SUPER VALUE の運賃イメージ

ANA FLEX / ANA VALUE / ANA SUPER VALUE の運賃イメージ

全日空(ANA)は2018年秋から、国内線運賃をシンプルでわかりやすい運賃体系へリニューアルします。10月28日(日)搭乗分から、「片道運賃」「往復運賃」を改編し、空席連動型運賃を導入した「ANA FLEX(ANAフレックス)」を新設し、「特割」「旅割」が従来の運賃体系を維持しつつ、海外旅行客にも利用しやすい「ANA VALUE(ANAバリュー)」、「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)」に生まれ変わります。

新設される「ANA FLEX」は空席連動型運賃で、空席状況に応じて運賃額A、B、C、Dの4種類の金額内で変動するため、混雑期の搭乗でも、早めの予約で搭乗間際よりもおトクに利用することができます。また、急な日程変更の際にも予約変更ができる、従来の片道運賃・往復運賃のメリットも備えています。予約期限は搭乗日当日まで、支払い期限は予約日を含めて3日以内で、販売開始は搭乗355日前の9時30分からとなります。

これらにより、運賃体系が「ANA FLEX」「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE」の3つのラインナップとなります。「ANA VALUE」は予約期限は搭乗の前日または3日前まで、支払い期限は予約日を含めて3日以内、取消手数料は運賃額の5%相当、「ANA SUPER VALUE」は予約期限が搭乗日の21日、28日、45日、55日、75日前のいずれか、支払い期限は予約日を含めて2日以内、取消手数料は運賃額の30%から60%相当となります。なお、いずれも予約変更は不可です。

これまで搭乗2カ月前からの予約販売開始日は、9月3日(月)予約分から搭乗日355日前の9時30分へ拡大します。対象は、ANA FLEX、小児運賃、身体障がい者割引運賃、@Biz、ビジネスきっぷ、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃、アイきっぷ、介護割引、プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃です。

このほか、10月28日(日)搭乗分から、特典航空券の適用条件も変更します。これまで搭乗の2カ月前の9時30分から開始していた予約受付は「ダイヤ期間一斉販売」と同時に、搭乗の4日前まで可能だった予約変更期限が「搭乗日前日まで」に、90日間だった航空券の有効期間は90日間から「1年間」に変更となります。ただし、搭乗日当日空港における前便への変更は現在可能ですが、10月28日(日)搭乗分からは不可となります。なお、詳しくは、ANAウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/09/03から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加