ブリュッセル航空、5機目の特別塗装機「エアロスマーフ」がデビュー

ブリュッセル航空、5機目の特別塗装機「エアロスマーフ」がデビュー

ニュース画像 1枚目:特別塗装機「エアロスマーフ」
特別塗装機「エアロスマーフ」

ブリュッセル航空は2018年3月24日(土)、デザインコンテストで選ばれた5機目となる特別塗装機「エアロスマーフ(Aerosmurf)」を公開しました。機体記号(レジ)は「OO-SND」のA320-200です。

7カ月間に渡り、1,415件の応募があった中、選ばれたのはイタリア人のMarta Mascellaniさんによる、ベルギーの漫画のキャラクター「スマーフ」を描いたデザインです。

スマーフはベルギーで最も愛されているキャラクターの1つで、機体には、乗務員や乗客となった19人のスムーフが絵が描かれています。乗客にベルギーワッフルを提供する様子や、ベルギーで生まれた楽器サックスで国歌を演奏するスマーフ、ベルギーの音楽家であるトゥーツ・シールマン氏をイメージさせるハーモニカを演奏しているスマーフなども登場し、有名なキャラクターを通してベルギーの文化も伝えています。

なお、初便は3月25日(日)、ロンドン行きSN2093便として運航されており、モスクワ、バルセロナ、ウィーン、パリ、ポルト、ジュネーブ、マドリード線など、今後の運航日程、路線も発表されています。詳しくは、ブリュッセル航空のウェブサイトを参照ください。

この記事に関連するニュース
メニューを開く