GA-ASI、5月13日に無人機ガーディアンを一般公開 | FlyTeam ニュース

GA-ASI、5月13日に無人機ガーディアンを一般公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:無人機ガーディアンの一般公開で

無人機ガーディアンの一般公開で

ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は2018年5月13日(日)、壱岐空港で大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を壱岐市民向けに一般公開しました。

この一般公開は5月10日(木)から実施されている「ガーディアン」の実証実験の一環として実施されたもので、壱岐空港の仮設ハンガーには、約300名の来場者が訪れています。

大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」の実証実験は5月10日(木)からおよそ3週間、1回あたり約5時間のデモフライトを10回程度、飛行する計画です。目的は(1)気象、災害、海洋観測支援、(2)海難、救助支援、(3)航空、通信、産業利用支援のデータ収集です。5月10日(木)の初飛行では、壱岐空港の滑走路を11時20分に離陸し、およそ3時間のフライト後、帰還しています。

期日: 2018/05/13
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加