海上保安庁、有資格者対象の航空機職員を募集 5月28日から6月27日

海上保安庁、有資格者対象の航空機職員を募集 5月28日から6月27日

海上保安庁は2018年5月28日(月)から6月27日(水)まで、船艇職員、無線従事者、航空機職員採用試験の実施にあたり、応募を受け付けます。

採用予定日は2019年1月1日(火)です。試験日は1次が7月22日(日)、2次は8月20日(月)と8月24日(金)です。飛行の実技試験は9月13日(木)から9月14日(金)で、最終合格発表は9月28日(金)に予定されています。

このうち、採用区分が「飛行」と「整備」の応募資格は、採用日に60歳未満で、高卒以上または同等の学歴がある方です。加えて、「飛行」は、国土交通大臣が交付した飛行機または回転翼航空機の事業用操縦士の資格以上の技能証明書を有し、有効な第一種航空身体検査証明書を有する方、「整備」は、国土交通大臣が交付した飛行機、回転翼航空機の航空整備士、航空運航整備士のいずれかの技能証明を有する方が対象となります。

試験に合格し採用になると、海上保安学校門司分校(北九州市門司区)において約6ヶ月間の研修を受講後、各海上保安部署等で勤務することとなります。採用予定人数は、飛行は5名、整備は10名です。詳しくは海上保安庁のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/05/28 〜 2018/06/27
メニューを開く