エアバス、ファイナンス・フォーラムを開催 商社など220名が参加 | FlyTeam ニュース

エアバス、ファイナンス・フォーラムを開催 商社など220名が参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ファイナンス・フォーラム会場

ファイナンス・フォーラム会場

エアバスは2018年5月23日(水)、「エアバス・ファイナンス・フォーラム 2018」を開催、同社の製品や航空機市場の展望、最新のファイナンス状況について講演しました。このフォーラムは2018年で8回目となります。

フォーラムには日本の金融機関やリース会社、商社、航空会社から約220名が参加し、航空機ファイナンスや、エアバス製品のプログラム別の最新状況、市場分析とその説明、中古機市場について討論するパネルディスカッションが実施されました。

講演は、エアバスが記録的な受注残があることを説明しました。特にアジア太平洋地域の航空会社からの需要が拡大し、今後20年で世界の新造機納入数の40%以上を占めると見込まれています。

また、日本でのエアバス製の機数は現在、86機ですが、受注残が80機あり、今後10年内に市場シェアが30%に高まると予測しています。日本でのエアバスの需要が高まる中、日本のファイナンス機関や投資家はいっそう積極的な役割を果たすようになると説明しています。

期日: 2018/05/23
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加