JALグループ、「琉球泡盛」の応援活動を展開 ラウンジで泡盛提供など | FlyTeam ニュース

JALグループ、「琉球泡盛」の応援活動を展開 ラウンジで泡盛提供など

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:瑞泉酒造の「ZUISEN LEGARE」、久米仙の「甕貯蔵古酒20年」

瑞泉酒造の「ZUISEN LEGARE」、久米仙の「甕貯蔵古酒20年」

日本航空(JAL)などJALグループは2018年5月29日(火)、「國酒・琉球泡盛応援プロジェクト」を開始すると発表しました。これは、「JAL 新・JAPAN PROJECT」の一環で、2018年6月から2018年度下期にかけて、日本の國酒「琉球泡盛」を応援する取り組みです。

6月1日(金)から6月30日(土)までは、羽田空港、成田空港の国際線ファーストクラスラウンジ、国際線サクララウンジで、瑞泉酒造の「ZUISEN LEGARE」と、久米島の久米仙の「甕貯蔵古酒20年」を提供します。那覇空港国内線「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」では「ZUISEN LEGARE」が提供されます。

また、「新・JAPAN PROJECT 地域紹介シリーズ」と連動し、機内ビデオ番組の「パックンマックンのなるほど日本!旅サーチ」で、泡盛を旅サーチし、島人を支えた美酒、泡盛の温故知新に触れる旅を紹介します。

2018年度下期にかけては、「琉球泡盛」の本格的なPRを実施し、国際線ラウンジでの提供、機内誌での「琉球泡盛」紹介記事のほか、免税店、空港内売店BLUESKYをはじめとした、JALグループ各種販路での販売を行います。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/06/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加