AIRDO、7月から航空券の販売と有効期間を拡大 早期購入が可能に | FlyTeam ニュース

AIRDO、7月から航空券の販売と有効期間を拡大 早期購入が可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

AIRDOは2018年7月1日(日)から、航空券の販売期間と有効期間を拡大します。現在、「北海道発往復運賃」のほか、「DOビジネス」、「MICE割引運賃」、「Welcome to HOKKAIDO Fare」など各種運賃について、7月1日(日)から半期の一斉販売を実施します。これまでより、早期に航空券を予約、購入できるようになります。

6月30日(土)までは、現行通り搭乗日2カ月前からの販売で8月31日(金)搭乗分まで購入でき、7月1日(日)以降は9月1日(土)から10月27日(土)搭乗分が購入できます。また、8月28日(火)11時から、10月28日(日)から2019年3月30日(土)までの冬スケジュール搭乗分を一斉販売します。

この変更に伴い、往復または2区間以上の旅行の場合、第1区間の予約と同時に販売開始前の第2区間以降の予約ができる「一括ご予約サービス」が6月30日(土)受付分で終了となります。

また、航空券の有効期間も7月1日(日)から変更となり、90日間から1年間となるほか、払い戻し期間は6月20日(水)以降の有効期間満了分から、10日間から30日間になります。このほか、株主優待割引運賃の販売期間なども変更されています。詳しくは、AIRDOのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加