中国国際航空、オセアニア発の航空機内への粉末持ち込み制限で注意喚起 | FlyTeam ニュース

中国国際航空、オセアニア発の航空機内への粉末持ち込み制限で注意喚起

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

中国国際航空は2018年7月11日(水)、オーストラリアとニュージーランドから出発する国際線機内への粉末持ち込み制限について、ウェブサイトで案内を掲載し、注意を喚起しています。

ブリスベン、シドニー、タラマリン、オークランド発国際線を対象に、小麦粉や砂糖、インスタントコーヒー、スパイス類、化粧品など、350ミリリットルまたは350グラム以上の粉末が入った容器は機内に持ち込むことができません。対象物がある場合は、必ずカウンターで受託手荷物として預ける必要があります。なお、セキュリティーチェックを通過した医療用粉末、乳児用調整粉乳、遺骨は対象外です。

中国国際航空のオセアニア路線は、北京発着のブリスベン、シドニー、タラマリン、オークランド線、成都/シドニー線、上海・浦東発着のシドニー、タラマリン線に就航しています。詳しくは、中国国際航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加