大韓航空、ラオスのダム決壊被災地に水や毛布など救援物資を輸送 | FlyTeam ニュース

大韓航空、ラオスのダム決壊被災地に水や毛布など救援物資を輸送

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

大韓航空は2018年7月27日(金)、ラオスのダム決壊事故で被害を受けた被災地へ、緊急救援物資を支援輸送しました。同社の定期便、ソウル・仁川発ダナン行きKE461便に「済州ピュアウォーター」36,000リットルの1.5リットルボトル24,000本と毛布2,000枚を搭載し、輸送しました。この支援物資は、被災地の災害対策本部を通じて被災者に届けられます。

大韓航空はこれまでも、全世界で発生した地震、洪水など災害地域へ救護品を輸送する支援活動を手がけています。最近では地震で被害を受けた熊本、サイクロンで被害を受けたフィジー、洪水被害を受けたミャンマーなど、各被災地への支援を行っています。詳しくは、大韓航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/27
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加