空港振興・環境整備支援機構、10月1日に航空振興財団を吸収合併へ | FlyTeam ニュース

空港振興・環境整備支援機構、10月1日に航空振興財団を吸収合併へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

空港振興・環境整備支援機構は2018年8月10日(金)、10月1日(月)付で航空振興財団を吸収合併することを決議したと発表しました。

これにより、航空振興財団が行っていた国際民間航空機関(ICAO)関係の航空図書販売や「数字でみる航空」の刊行、フライトシミュレーターによる操縦訓練などの事業を、すべて空港振興・環境整備支援機構が継続して実施します。

なお、航空振興財団の平成29年度決算公告では、2018年3月31日(土)時点で、資産合計は8億8510万6622円、負債合計は6382万1332円となり、正味財産合計は8億2128万5290円です。詳しくは、空港振興・環境整備支援機構のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加