SFエアラインズ、深圳/シンガポール線で767貨物専用機で運航を開始

SFエアラインズ、深圳/シンガポール線で767貨物専用機で運航を開始

ニュース画像 1枚目:SFエアラインズ 767-300ER/BCF
SFエアラインズ 767-300ER/BCF

シンガポール・チャンギ国際空港は2018年9月4日(火)、中国のSFエアラインズによる深圳/シンガポール線の貨物便の運航開始を歓迎しました。チャンギ空港の航空貨物市場では、中国が最大市場で、直近の取り扱い量は年間270,000トンで、増加傾向を示しています。

SFエアラインズの新路線は、9月4日(火)から10月27日(土)の夏スケジュール期間中は週1便で、機材は767-300ER貨物専用機を使用します。これにより、深圳とシンガポール間の航空貨物の輸送量は16%増加します。

2018年7月現在、チャンギ空港は中国の36都市間、週380便超の旅客を含む定期便が運航されています。

メニューを開く