春秋航空日本、国内線での機内持込許容量を変更 10月28日から適用 | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、国内線での機内持込許容量を変更 10月28日から適用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

春秋航空日本(Spring Japan)は2018年10月28日(日)搭乗分から、国内線の機内持込手荷物の許容量を変更します。

10月27日(土)までは、機内に持ち込める手荷物は5キログラム以内ですが、10月28日(日)からは、スプリングプラスクラス、スプリング、ラッキースプリングのいずれの航空券も、7キログラム以内となります。

なお、機内持込許容量と受託手荷物の合計の容量については、スプリングプラスクラス航空券は25キログラム内、スプリング航空券は15キログラム以内とこれまでと変更ありません。また、国際線の機内持込許容量は、これまで通り5キログラム以内となります。

詳しくは、春秋航空日本のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/28から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加