エアバスA300B2 航空機 徹底ガイド

エアバスA300B2

エアバスA300B2(Airbus A300B2)の航空機種情報です。
メーカー:エアバス シリーズ: A300

エアバスA300B2 航空機ガイド

エアバスが製造したA300B2に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるA300B2に関する製造航空機(61機)、ニュース記事(2本)、飛行機写真(航空フォト:615枚)、搭乗記・口コミ(12件)を提供しています。

エアバスA300B2について

エアバス A300B2は、エアバスが開発した世界で初めてのワイドボディ機、A300シリーズで2番目に開発された機体です。最初に開発された「A300B1」の胴体を2.65メートル延長した機種で、全長は53.62メートル、単一クラスの標準座席数は281席です。初飛行は1973年6月28日でした。

A300B2は、クルーガー・フラップ(高揚力装置)を装備しないタイプの「A300B2-100」と、クルーガー・フラップを装備し、高地や高温地域での離着陸性能を向上させた「A300B2-200」、高頻度運航に適した「A300B2-300」が開発、製造されました。

日本では、東亜国内航空(後の日本エアシステム)が、同社で初めてのA300として、A300B2-200を導入しました。

エアバスA300B2 投稿・登録状況

登録機体数
61機
ニュース記事
2記事
航空フォト
615枚
搭乗レビュー
12件
ICAO機種コード
A30B
FlyTeamでは、航空ファンのための「エアバスA300B2」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

エアバスA300B2 航空フォト(飛行機 写真・画像)

エアバスA300B2 搭乗レビュー

エアバスA300B2の搭乗レビュー 12件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

エアバスA300B2 記事

エアバスA300B2の航空・飛行機に関するニュース記事 2件が配信されています。
メニューを開く