地方空港からの帰国は、アウェー感満載では?台南>関西 - チャイナエアライン(中華航空) クチコミ

メンバー評価
国|コード
台湾 | IATA : CI | ICAO : CAL
アライアンス
スカイチーム
FFP
ダイナスティ・フライヤー
ホームページ
チャイナ エアライン - China Airlines 日本語あり
羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © ハム太郎。さん

地方空港からの帰国は、アウェー感満載では?台南>関西

航空会社:
チャイナエアライン (運航会社:日本航空)
便名:
JL5172
エコノミー
搭乗日:
2019/10
路線:
台南 → 関西(大阪)
機体記号:
B-18660
機材:
Boeing 737-8SH
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:439 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗口の右にラウンジがありました。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 ラウンジの中は、こんな感じで。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 牛肉麺とコーヒー(ラテ)です。なかなか美味で... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 免税「売」店です。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日のshipです。
  • 写真の種類:座席(シート) 足元は、ちょっと狭いですかね。
  • 写真の種類:機内からの眺め こういう戦闘機が沢山いました。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 台鉄の台南駅上空を通過です。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ イヤホンは2本足タイプです。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク チキンですが、美味しかったですよ。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 台南からの出発ですが、こうやって見ると高雄と... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 関空駅には、キティはるか号がお待ちかねでした... 続き>>

総評

昨年は地方空港からの出国を経験してみたくて、熊本から高雄に出国しましたが、今回は地方空港からの帰国を経験してみようと思います。
このルートは、デイリーで飛んでいる訳でもないので、日程が合うかどうかがキモになりますね。
台南の市街にいると、ひっきりなしに飛ぶ航空機の爆音が聞こえてきます。その大半が戦闘機で、たまにC-130が飛ぶといった感じです。
海峡を挟んで、準戦時下にあるということを思い起こさせられます。

【機内食・ドリンク】
チキンをいただきましたが、中々美味しかったです。
【座席(シート)】
前後間隔が少し狭いかと思います。でも、予約時は翼の少し後方だったのを、チェックイン時に3席並びの窓側という位置は変えずに、前方に替えて頂きました。さらに、隣が空席でトイレに行くのにも気兼ねなしの席でしたが…。
【機内スタッフ】
てきぱきとされていましたが、離陸後暫くして、通路側の席に後ろのお客さんを案内してきました。面倒だなぁと思っていると、隣の2席に二人が移動してきました。
おいおい、なんてことするんや。
【エンターティメント】
個人席にはモニターはありませんでしたが、天吊りのモニターで台湾と日本のテレビ番組をやっていたので、それを見ていました。
【トイレ・洗面台】
使えませんでした。通路を閉じられたので。(笑)
【機材コンディション】
気になることはありませんでした。
【空港サービス】
台南空港は、制限エリアに入る手前にラウンジがありました。中に入ると、食事とドリンクの注文を取って、おそらくは、空港の軽食カウンターからテイクアウトしてきたような食事が運ばれてきました。見栄えはともかく、中々美味しかったです。
イミグレを通り抜けて制限エリアに入ると、一応免税売店もありました。ゲートはひとつだけ、ボーディングブリッジもなくバス移動でしたが、その移動路沿いに掩体壕や耐爆シェルターに納まったアラート待機と思しき戦闘機を沢山見ることができ、臨戦下ではないとはいえ、改めて緊張感を感じました。
那覇空港で見る戦闘機とは、矢張り一味違うかなと。
【総合評価】
アウェー感満載かと思っていたのですが、意外や意外、日本からのツアーの団体さんがおられて、ホーム感満載でした。
おそらく、高雄と台南の観光を合わせてのツアーだろうと思います。見所も沢山ありますし。小さな空港でコンパクトに移動できるということから、利用されているのだろうかと思います。
JALでは、より大きな台中からの直行便もないのに、週2往復とはいえ、直行便(コードシェア便ですが)があるのは素晴らしいと思いました。
日本人に馴染みの見所も沢山あるので、もっと便数が増えればと思いました。

みんなの機内食!

FlyTeamメンバーからの搭乗レビュー 機内食の写真一覧です!

『機内食』の写真をもっと見る

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

チャイナエアライン(中華航空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加