ハイネケン樽生を諦め搭乗ゲートへ。 - KLMオランダ航空 口コミ・評価

航空会社 KLMオランダ航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© A350XWB-HNDさん

IATA | ICAO
KL | KLM
アライアンス
スカイチーム

搭乗レビュー
ハイネケン樽生を諦め搭乗ゲートへ。

航空会社
KLMオランダ航空
便名
KL0855
ビジネス
搭乗日
2019/07
路線
アムステルダム → 仁川(ソウル)
機体記号
PH-BQG
機材
Boeing 777-206/ER
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
3ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
1,049
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    乗り継ぎ便の遅れのために結局ハイネケ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
  • 写真の種類:座席(シート)
    Cクラスの後紀平6列シートエアチャイ... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    チリ産のソーヴィニヨンブランもらいま... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    前菜のカルパッチョ
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    メイン料理は韓国のプルコギエノキが美... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    食後の甘いものとお茶
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    2回目の食事はなんとバイエルン地方の... 続き

総評

70分遅れで到着して乗り継ぎを急ぎます。空港は結構大きく動く歩道が動かないので結構移動に時間がかかりCターミナルからFまで15分かかりました。パスコンセルフ式で ヘルシンキと同じであっという間に通過。ラウンジでシャワーを浴びよう思ったのですが受付に着いた時点で搭乗開始時刻。ハイネケンの樽生も諦めてゲートに向かいます。機齢15歳のB7-200ERさんのCクラスコンフィグは2ー2ー2でエアチャイナなどのコンフィグと同じです。一昔前はJALなどのシェルフラットシートでは2-3-2だったのですがワイドボディでも現在は6列が標準的だと思います。帰りのエアフラはまだ旧式2-3-2タイプで驚きます。タキシングに成田くらい時間を要し結局テイクオフは22:00。ワインはスパークリング1種と赤白2種からの標準的選択、チリ産ソーヴィニオンブランをもらいます。メイン料理は韓国式ブルコギ。結構美味しかったです。2回目の食事は3種類からの選択でなんとカイザーシュマール。(崩したパンケーキのヴァニラソースかけ)てっきりバイエルン料理と思ってたのですがまさか朝食で出るとは。着陸前に、中にリキュールの入ったおろらくオランダの家を型どった陶器が配られるのですが、以前にも何個ももらいましたが持ち帰った後の処理に困り今回はパスします。
着陸時に、窓の日除けが閉めたままだったのがちょっと驚きました。今まで乗ったキャリアでは初めての体験でが安全面に不安が感じられます。

Engines 2 x GE GE90-94B

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

KLMオランダ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く