中国東方航空、中国国内区間の燃油サーチャージ額を変更 11月5日から | FlyTeam ニュース

中国東方航空、中国国内区間の燃油サーチャージ額を変更 11月5日から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

中国東方航空は2018年11月5日(月)から、中国国内区間の燃油サーチャージ額を発表しました。これによると、800キロメートル以下は区間毎に1人あたり20元、800キロ以上は50元が徴収されます。

大人普通運賃の10%となる幼児については、燃油サーチャージは不要です。大人普通運賃の50%となる子供や革命傷痍軍人、公務の原因で障碍者になった人民警察の場合、800キロメートル以下が10元、800キロ以上は20元徴収されます。

燃油サーチャージ額は航空券の券面は「YQ」で示し、徴収方法に変わりありません。詳しくは、中国東方航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/05から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加