小牧基地、平成最後の「オープンベース 2019」開催日は3月2日 | FlyTeam ニュース

小牧基地、平成最後の「オープンベース 2019」開催日は3月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:小牧基地オープンベース 2019

小牧基地オープンベース 2019

航空自衛隊小牧基地は、「小牧基地オープンベース 2019」の開催日を2019年3月2日(土)と公表しました。小牧基地は東日本大震災時、松島基地へ大規模な空輸活動を展開し、熊本地震でも大きな役割を果たしました。2014年から航空祭の内容を災害対策を中心とした展示内容に変更し、実施しています。基地開放は8時15分から15時です。

2018年の展示飛行はブルーインパルスが参加しませんでしたが、小牧基地の所属機を中心に9時から11時30分ごろ、12時30分から14時ごろまで飛行しました。展示飛行には、小牧基地所属のC-130H、KC-767、UH-60J、U-125Aが参加し、フォーメーションフライト、災害派遣デモンストレーションが期待されます。そのほか、例年は空自の戦闘機や輸送機部隊、陸自、海自、海上保安庁の航空機も展示されています。

地上展示では、自衛隊の航空機に加え、C-130輸送機に搭載し、遠方まで空輸できる岡崎市消防本部の全地形対応型消防車「レッドサラマンダー」が展示されます。このほか、空飛ぶICUと呼ばれる航空機動衛生ユニット、陸自の野外手術システム、航空管制や航空機のシミュレーターや警備犬のデモなどの催しも期待されます。

小牧基地には東日本大震災や2016年の熊本地震などで活動した救難教育隊、第1輸送航空隊、航空機動衛生隊など災害派遣部隊が所在、航空機では第1輸送航空隊の第401飛行隊C-130H、第404飛行隊KC-767J、救難教育隊のU-125A、UH-60Jが配備されており、これらの機体の参加が恒例となっています。

期日: 2019/03/02
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加