ライアンエア、2019夏スケジュールでベルリン・テーゲル発着を拡大 | FlyTeam ニュース

ライアンエア、2019夏スケジュールでベルリン・テーゲル発着を拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ライアンエア

ライアンエア

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)のライアンエアは2019年夏スケジュールから、ベルリン・テーゲル線を拡大します。

ラウダモーションのテーゲル発着路線を引き継ぐもので、パルマ・デ・マリョルカ(スペイン)、イビザ(スペイン)、バーリ(イタリア)、ミラノ(イタリア)、クラクフ(ポーランド)、ルクセンブルク、アルゲーロ(イタリア)、ラメーツィア・テルメ(イタリア)線などの19路線を運航します。

また、ライアンエアはベルリン・シェーネフェルト発着路線も拡大し、夏スケジュールで新規路線として、ブルノ(チェコ)、バニャルーカ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、ラッペーンランタ(フィンランド)、タリン(エストニア)線に新規就航します。

これらを含めると、ライアンエアは、テーゲルから19都市、シェーネフェルトから50都市の計69都市に就航することになります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加