FDA、2018年度年末年始の利用率は79% 旅客数は前年比101% | FlyTeam ニュース

FDA、2018年度年末年始の利用率は79% 旅客数は前年比101%

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

フジドリームエアラインズ(FDA)は2019年1月7日(月)、2018年12月28日(金)から2019年1月6日(日)の年末年始期間の利用実績を発表しました。

これによると、提供座席数は前年比102%の55,536席、旅客数は101%の43,811人、利用率は78.9%と前年から0.8%ポイント減でした。運航する17路線のうち、最も多い席数を提供する名古屋小牧/福岡線は8,016席、利用者数が6,304人、利用率は78.6%でした。

空港発着別では、名古屋小牧空港の提供座席数は37,132席、旅客数は28,585人、利用率は77.0%、静岡空港の提供座席数は9,616席、旅客数は7,759人、利用率は80.7%、松本空港の提供座席数は4,032席、旅客数は3,489人、利用率は86.5%でした。

期日: 2018/12/28 〜 2019/01/06
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加