カタール航空、中国南方航空の株式5%を保有 戦略的投資の一環 | FlyTeam ニュース

カタール航空、中国南方航空の株式5%を保有 戦略的投資の一環

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

カタール航空グループは2019年1月2日(水)、中国南方航空に出資したと公表しました。カタール航空が世界の航空会社に投資する一環として、2018年12月28日(金)付けで中国南方航空の株式およそ5.00%を保有しました。

カタール航空はこの出資について、世界で最も急成長している航空市場で最大の航空会社に戦略的投資をすることは重要な要素とコメントしています。また、中国国内だけでなく、世界でも重要なプレーヤーの中国南方航空への投資を通じ、両社がそれぞれの強み、リソースを活用、補完し、それぞれの顧客に利益をもたらす方法で長期的な関係を築く機会になるとコメントしています。

カタール航空はこれまでにブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空の親会社のインターナショナル・エアラインズ・グループに20%、ラタム・エアラインズ・グループに10%、イタリアのエア・イタリーに49%、キャセイパシフィック航空へ9.99%をそれぞれ投資しており、今回の投資もこれら一連の投資戦略の1つです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加