崇城大学とJAL、パイロット推薦制度で合意 試験の一部を免除 | FlyTeam ニュース

崇城大学とJAL、パイロット推薦制度で合意 試験の一部を免除

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

崇城大学は2018年12月19日(水)、日本航空(JAL)と「エアラインパイロット推薦制度に関する合意書」を締結したと発表しました。

この合意書は、崇城大学が推薦した、有能な学生がパイロット採用試験を受験する際、試験の一部、または全てが免除されるもので、学生の航空業界への門戸を広げることを目的としています。

JALはこのほか、航空機操縦士育英会のパイロット養成課程の学生・訓練生を対象とした、無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」を支援するなど、パイロットにチャレンジする学生を応援しています。

崇城大学は今回の締結について、熊本空港に隣接するキャンパスで操縦訓練の品質と実績が高く評価されたものとしています。同大学は引き続き、各エアラインへ有能なパイロットを送り出していく方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加