タイフーン戦闘機、ダボス会議の空域確保の任務に従事 | FlyTeam ニュース

タイフーン戦闘機、ダボス会議の空域確保の任務に従事

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:オーストリア空軍 タイフーン

オーストリア空軍 タイフーン

スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」にあわせ、オーストリア空軍に所属する戦闘機、ユーロファイター・タイフーンが上空監視にあたっています。ユーロファイターが公表しています。

世界経済フォーラムは、1月22日(火)から1月25日(金)まで、スイスの山岳リゾートで開催されており、国家元首クラスや政府関係者を含む政界、産業、学界の世界的リーダー3,000名超が参加しています。

ユーロファイターは、ヨーロッパの防衛で実証された主力戦闘機として、タイフーンは航空優勢を確保する役割に完全に適し、1時間毎にパートナーの各国と共にダボス周辺の空域の安全性を確保していると紹介しています。

タイフーンは、上空警備と戦闘作戦の任務増加を受け、納入された機体全体の飛行時間を急速に蓄積しています。ヨーロッパでは国境警備任務で500機近くが展開されており、さらに十数年でこの機数が大幅に増加する可能性があるとコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加