JAL、41機目の787「JA876J」を受領 17時半ごろに成田着 | FlyTeam ニュース

JAL、41機目の787「JA876J」を受領 17時半ごろに成田着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)は2019年1月23日(水)、同社41機目の787、機体記号(レジ)「JA876J」を受領しました。この機材はペインフィールドを1月24日(木)に出発、成田空港に1月25日(金)17時30分すぎに到着します。エバレットで組み立てられた機体で、2019年1月4日(金)に初飛行しています。

JALの787は、787-8が25機、787-9が16機となっています。2019年に受領する787としては初めて、2018年度の導入機では5月の「JA872J」を皮切りに、6月に「JA873J」、7月に「JA874J」、12月に「JA875J」を受領しており、これで5機目となります。

この機体の製造番号、ラインナンバーは「35430 / 799」で、787の製造機数は800機に迫っています。

期日: 2019/01/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加