国交省、圏央道活用の成田空港行き高速バスで社会実験 高坂SAで乗継 | FlyTeam ニュース

国交省、圏央道活用の成田空港行き高速バスで社会実験 高坂SAで乗継

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:高坂SAの乗り換え環境

高坂SAの乗り換え環境

国土交通省は2019年2月21日(木)から3月20日(水)まで、圏央道を活用した高速バス乗り換え社会実験を実施します。

対象のバス路線は、アルピコ交通と京王電鉄バスが運行する長野/新宿線7便で、高坂SAで関越交通と千葉交通が運行する前橋/成田空港線に乗り換えます。実験では、ETC2.0データを活用したバスロケーションシステムで、サービスエリア内に設置したデジタルサイネージと専用アプリから、乗り換え便の接近状況を確認します。

この実証実験により、長野駅から成田空港までの移動時間が、都心を経由する場合と比較して約30分程度、短縮できると見込まれており、観光振興など地域活性化への効果が期待されます。

実証実験で運行されるバスは、1月21日(月)から予約できるようになっています。

期日: 2019/02/21 〜 2019/03/20
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加