キャセイパシフィック、香港発の長距離路線全クラスで新メニュー提供 | FlyTeam ニュース

キャセイパシフィック、香港発の長距離路線全クラスで新メニュー提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:新たな香港フレーバー「米粉麺のローストダック添え」

新たな香港フレーバー「米粉麺のローストダック添え」

  • ニュース画像 2枚目:鶏の煮込みと中華風ソーセージをのせたジャスミンライス

キャセイパシフィック航空は2019年2月から、香港発の長距離路線の全クラスで提供する機内食で、「香港フレーバー」と題した新コンセプトのメニューが登場しました。これは、2018年夏から香港発着のすべての長距離路線ビジネスクラスに順次導入中のレストラン・スタイルのサービスを拡大する新たなコンセプトです。

「香港フレーバー」は、ロブスターのおこげ雑炊、フィッシュボールとかまぼこをのせた平打ち麺、鶏の煮込みと中華風ソーセージをのせたジャスミンライスなど、本格的な広東料理を提供します。

なお、今回提供されるメニューは、香港のレストランのメニューからヒントを得たものになっており、2月28日(木)までは豆腐と椎茸を添えたガルーパの蒸し煮、蟹肉ソースの伊府麺といった春節にふさわしい縁起の良い料理が提供されます。

■新コンセプトメニュー
<ファーストクラス>
・花椎茸、菜心、豆腐を添えたアワビの蒸し煮
・豆腐と椎茸を添えて生姜とネギのソースで蒸したガルーパ
<ビジネスクラス>
・蟹肉ソースの伊府麺
・米粉麺のローストダック添え
・ココナッツと小豆のプリン
・タピオカ入り香港ミルクティープリン
・クコの実入りキンモクセイゼリー
<プレミアムエコノミークラス>
・トマトソースのユンヨンチャーハン
・蒸しオヒョウの大澳産からし菜とジャスミンライス添え
<エコノミークラス>
・鶏の煮込みと中華風ソーセージをのせたジャスミンライス
・香港風シーフードカレーライス
期日: 2019/02/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加